GC Generatorがごみを化学分解するしくみ

GC Generatorでは、有機ゴミと廃プラスチックを7:3の割合で装置に投入し、「かすみ(化炭)触媒」に混ぜ、モーターとスクリューで撹拌します。

装置内のヒーターで160℃から200℃に熱すると化学分解(ラジカル反応)が始まり、粉状のバイオマスカーボンを生成します。

​燃焼を伴わないため、水蒸気、窒素以外は発生しません。

figure2.png

※「かすみ(化炭)触媒」との反応を促進させるためには、投入前に粉砕し、触媒に接触する表面積を大きくする方法が有効です。

※効率良く化学分解を行うために24時間連続運転を推奨しています。

​※また、理想的なごみとプラスチックの配合を実現するための自動投入装置や搬送設備の設計・施工も承っております。